足場材

足場材|激安販売サイトのリアル購入体験談

足場材ネット購入の流れ

足場材は普段から取引している会社から購入したり、リース会社から借りたりすることが多い。しかし、ほとんどの物がネットから購入できる近年では、足場材も購入できるようになっている。ネットで購入する場合、足場材を販売・リースしている会社に行く必要がなく、新品や中古も販売している上に、色々な会社を比較できるので、低価格で高品質な足場材を購入しやすくなっている。

 

では、ネットで購入する場合、どのような流れになるのかというと、会社によって多少の違いがあるが、基本的には同じになっている。まず、必要な足場のメーカーと形状や寸法を確認し、問い合わせや注文を行う。販売会社が内容を確認し、在庫を調べ、見積もりを提示する。見積もりに問題がなければ、注文を確定し、支払い方法や希望納期、納品手段を決める。あとは、届いた商品と納品書、見積書の内容に違いがないか確認することになる。中古資材を購入する場合は、見積もりを提示された時に、商品の写真などを希望すれば、メールや郵送で送ってくれる。

 

このように、ネットで足場材を購入する場合、メールや電話でのやり取りが主になるので、販売会社に行く時間が省略できるメリットもある。実際に商品を見ないと不安という人もいるが、ネット購入の場合も、販売会社まで行けば商品を見せてくれるので、最初のうちは商品を見せてもらって、問題無いと判断できれば、あとはネットで購入するという方法も良いだろう。低価格で高品質の商品を購入でき、時間の節約にもなるので、ネットでの購入も試してみると良いだろう。

被災地にも足場組立が多く見受けられます

 

東日本大震災から、早3年が経とうとしていますが、ようやく被災した建物やがれきの撤去が、進み、やっとスタートラインと言う感じですね。

 

被災地にはちょくちょく足を運びます。車で2時間くらいかかるのですが、地産地消をするべく、現地で美味しいものを頂いたり、名産品をお土産にしたりしますね。月に1度は行くと思います。

 

最初は見るのも心苦しかったがれきの山も、今では更地となり時の流れに何とも言えない心境です。更地のど真ん中に足場の組まれた現場を見ると『これからいったい何が出来て行くのだろうか』と希望に胸が膨らみます。

 

足場を組んでる工事関係者の車両は、地元のナンバーだけでなく、今でも日本各地から応援に来てる他県ナンバーも多く見受けられます。

 

私も被災した当時は他県ナンバーで応援に駆け付けてくれた、災害復旧車両を見かけるたびに胸にこみ上げてくるものがありましたね。本当に感謝です。

 

 

何を作るにもそうですが、まずは足場、土台が重要ですね、これがしっかりしてないと、出来上がるものも出来上がらないですからね。建築に限らず、物事もそうですね、土台をしっかり固めて、ぶれない行動を心がけないといけません。気を付けたいです。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ